g/e展 観てきました

「gallery’s eye ‐選ぶ力‐」を観てきました。

gallery’s eyeについて以下、オフィシャルサイトより抜粋します。

2015年2月にカイカイキキギャラリーにて、工芸やアートを扱う10軒のギャラリーによるイベントを開催いたします。各ギャラリーが推薦する作家の作品を一堂に会して展示販売するともに、昨今のオープン化したマーケットの状況に対して、あらためてギャラリーの役割を問うメッセージも含んでいます。イベントタイトルである「gallery’s eye ‐選ぶ力‐」にはギャラリーの選択眼の大切さの意味を込めました。各ギャラリーの選りすぐりの作品を通して、それぞれの眼を感じて頂ければと思います。この新しい試みにぜひご注目ください。
ーオフィシャルサイトよりー

名だたるギャラリーが参加する今回のイベント。
クラフトフェアや陶器市とは違う、ギャラリーオーナーの選択眼を通した選りすぐりの作品が並ぶイベントです。
こんな機会、今まで無かったですし、工芸、アート界で、以降も語り継がれるそうなイベントなので足を運んで確かめてきました。

会場は予想通りの混雑。来場者が多くて、落ちついて作品を観るにはちょっと難しそうな雰囲気。
来場者の雰囲気もクラフトフェア来場者とは少し違った感じ。
服、持物を観察していると、やはりライフスタイル雑貨を好む人達とは少し層が違っているのですね。

各ギャラリーを廻ってみての感想。
やはり、器関係は良い物が並んでいるのですが、小さなアート作品に目が止まります。
何人かの気になる作家さん達を知る事ができました。

Gallery yamahon さん
 岩田美智子さん 岩田美智子HP BLOG 函箱雑記帖
 岩谷雪子さん   Facebook
 安永正臣さん   Facebook

桃居 さん 
 高田竹弥さん  高田竹弥HP

DEE’S HALL さん
土器さん、チコちゃん、いつもお世話になってます。
一番完成度が高かったと思います。流石です。

一つの会場内で有名ギャラリーが軒を連ねる、お互いの個性がぶつかり合う、なんとなくお祭り状態の中でしたが、有名ギャラーリーを同時に眺める事ができたのは良かったと思います。
また、何気なく通っているギャラリーの雰囲気もオーナーが作品と一緒に作り出している器の一つで、そんなギャラリーで作品を眺める事がとても貴重で大切な時間だと言うことを改めて実感しました。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください