2024年1月 ニュースレター

2024年から月に一度の振返り、ニュースレターとして記事の更新をしていければと思います。

いまさらですが、去年のパッシブハウスジャパン全国大会の事を投稿したいと思います。

パッシブハウスジャパン全国大会の壇上で発表する機会なんて、今後もあるかどうかの事なので!

左から 池田組の池田さん 森代表 当日登壇したFabWorksの中さん 発表が終わって安堵する私

パッシブハウスジャパン全国大会2023


パッシブハウスジャパン全国大会2023は2023年11月16日に開催、プログラムの実例報告として発表の機会をいただきました。

実例として現在進行中のプロジェクト、NOIL新築工事について、私はローエナジービルディング認定のための解析チームメンバーとして、池田組の池田さんは施工者の代表として二人での発表でした。

発布当日の朝、最新の現場写真に入れ変えたり、DesingPHをリアル操作したりと緊張しましたが、出来はともかく無事に発表を終えることができました。

外部開口部の検討

今回のプロジェクトでは、外部開口部についての性能と耐久性を向上するために、

意匠設計→施工図作成→解析のフローを数回繰り返しました。

開口部の解析はCertified PH Consultantの高岡利香さんが苦労してまとめてくださいました。ありがとうございました。

また、外部開口部は山崎屋木工さんのキュレーショナー、木製サッシ+トリプルガラス仕様の高性能仕様となっています。ZEB認定の建物なのに、窓周辺に座ると何となく肌寒いということがあるのですが、本物件では快適に過ごすことが出来るはずです。

PHPP+DesingPHについて

NOIL新築工事は非住宅の建物なのですがPHPP+DesingPHで性能を解析することが可能です。

DesingPHについて簡単に説明しますと、プレゼン中の画面に赤く塗られた建物が映っているのですが、これがDesingPHで解析した状態になります。赤く塗られた部分は断熱の外側になっていて、このデータをPHPPに読み込んで計算することができます。

PHPPの良い面は、工法や使用建材の種類を一切問わずに解析できること。悪い面は特に無いと思いますが、あえて言うならば国産ソフトと比較すると操作方法がアナログなことでしょうか。

厳しい寒さと雪の中、また能登半島地震などありましたが、池田組さんの報告によると現場は着々と進行中とのこと。ホント、雪国の人は、雪にも負けずに粘り強い...

本物件はローエナジービルディング(申請予定)を目指しているのですが、工事の進行に合わせ、再解析等これから検討する要件が残っています。良い結果がでるようにチームメンバーと一緒にコツコトと積み上げていきたいと思います。

Share this...
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

2024年を迎え~新年のご挨拶に代えて~

元旦に発生致しました「令和6年能登半島地震」でお亡くなりになられた皆様に、先ずは被害に合われた皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。

年明けから石川地震や日航機炎上事故のニュースが続き、お正月気分どころでは無かった方も多かったのではと思います

地震は自然災害の一つではありますが、台風のように事前対策がとれるような時間が無く、前触れ無しで突然襲いかかってきます。ですから備えは平時の時から備えていなくてはなりません。

対策としては建物の「耐震化」になりますが、新築建物と既存改修工事ではそれぞれの方法がありますが「構造計算」が必要となります。

また昭和56年以前の建物の耐震性はそれ以降の建物に比べて耐震性が低いと言われています。56年以降の建物が安全かと言えば、「4号特例問題」等があり、「構造計算」を行い安全性を確認するということがほとんど行われていない悲しい事実もあります。

地震による被災は予想ができません。ですが事前に検証をして対策することはできます。既存建物の「耐震化」も可能です。

数年前、富山の現場に通った時期があるのですが、黒瓦葺の屋根の建物が多く、建物のプロポーションも千葉の民家と違って洗練されていて、美しい街並みが印象的でした。

しばらくは現地からの速報を見守り、しかるべき時期に支援等の協力ができればと考えています。

2024年も大激動が予想されていますが、本年もよろしくお願いいたします。

Share this...
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

年末年始の休業日のお知らせ

YouTubeから歴史を振り返ってみる

当社の業務は本日迄となりました。本年は大変お世話になりました。

2022年12月28日(水)より2023年1月8日(日)まで、年末年始休業とさせていただきます。 

今年もblogの更新など、情報発信が少なかったのが反省点。来年こそはと考えています。

賛助会員として参加しているパッシブハウスジャパンもYouTubeにて情報発信をしています。

パッシブハウス・ジャパンYouTubeチャンネル

私もYouTubeチャンネルを登録しているのですが、YouTubeの仕様が変わったのか、最近になって過去のパッシブハウスについての動画があがってきます。

私は高断熱高気密に目覚めたのが遅く、過去のパッシブハウスの取り組みを詳しく知りませんでした。過去の動画があがってくることで、歴史を知ることができてとても参考になります。

忘備録を兼ねてリンクを紹介したいとおもいます。お時間のある時にでも是非ご覧になってください!

来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

パッシブハウス

パッシブハウス(PassiveHouse)特集_TVK

Share this...
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

目に見えないもの 電磁波について

猛暑日が続き久しぶりの恵みの雨!と喜んでいたら、線状降水帯で豪雨被害が発生。被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

梅雨入り前のお話になります。不思議と電磁波についてのお問合せが何件か続きました。”送電線の近くに住んでいるのだけど電磁波について知りたい” ”目の前に電線が走っているのだけど大丈夫ですか?”すでに生活している環境についてのお問合せです。

電磁波については以前パッシブハウスジャパンのセミナー(PHJ)に参加して知っている程度の知識。これも何かの縁だと考え、PHJのセミナー講師さんが所属していた、日本電磁波協会の2級電磁波測定士の資格を取得することにしました。

電磁波は目に見えません。日本では電磁波についての健康リスクは明確になっていないので基準も存在していないのです。ですが住宅内では多くの電気機器を使用していて、その数だけ電気を使っている住宅内で電磁波が発生していることは確実。健康への影響も考慮しても良いはずです。

建物内の電磁波について全て対処することは難しいけど、長時間過ごす場所(特に寝室)だけは対策した方が良いです。が基本方針でした。電磁波グッズの多くがシールド対策だけど、測定してアーシング対策する方が納得できて説明も可能なので受講して良かった点です。

以下簡単な電磁波対策です。

・睡眠時、スマホを目覚ましとして充電しながら枕元におかない。別室が望ましいが最低60㎝離しましょ
・スマホでの通話は耳元で使わないでスピーカやマイクを利用するなど工夫する
・長時間のPC利用時はできれば電磁波対策を。アーシングするのが良い
・IHコンロはそれほど電磁波が強くない
・電子レンジは使っている時に覗いたりしなければ大丈夫

以上、知ってしまったからには今後の設計では少しづつ対処をしていきます。アース付きコンセントへ対応などの差額はさほど大きくないはずです。

2級電磁波測定士の資格では電磁波測定はできませんが、1級電磁波測定士にお話しを繋ぐことはできますのでご相談ください!

Share this...
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter