HOME > 料金について

建築設計事務所の仕事内容

建築設計事務所の仕事は単に 見かけだけの設計デザイン を行うだけではありません。
建主の要望から図面作成を行い、建主の代理人として現場監理を行います。
また、工事見積りの調整を行いコストコントロールも行います。

我々の仕事は、設計から竣工まで建主に寄り添いながら良い建物を完成させる事を目指し日々努力していくことです

建築設計

 
設計作業は お客様からの要望を 私たちが 技術面、コスト面から検討して 建築の言葉に変換=図面化 する作業です。全ての要望を織り込む事ができない場合もありますが、お客さまの住まい方、技術面、コスト、から検討しまとめ図面化します。「設計料は無料!」と言うセールスも耳にしますが、お客様に最適なプランになっているかどうかは疑問が残ります。建築工事は全て設計からスタートします。その一番大切な部分を無料化していては、最終的に完成する建物に納得ができるでしょうか?
 
見積調整
 
設計事務所が見積り調整を行う事により、最適な工事金額を決定することができます。相見積りによって見積りをお願いした場合、工務店から提出された見積もり内容を読み込み内容に過不足がないか精査を行い、最適な建設会社を選定します。単に見積もり金額が安いだけで建設会社を選定しますと、契約後に技術力不足が発覚し、最終的には見積りよりも高い工事になってしまうケースもあります。
 
現場監理
 
現場監理は施工時のミスを防ぐ為にも必要です。工事中は建主の代理者として監理を行い、必要な時は指示書等で是正を行います。建設会社も自社の責任で工事を行いますが、もう一つの違った視点で現場を監理することにより、より良い建物が完成するよう力を合わせ努力をしていきます。
 


建築設計作業の流れ

ステップ1:基本案作成

初顔合わせです
あなたの想いや疑問を全てお話してください。家の外観、間取り、素材についてもお話をしたいと思いますが、その前に、家族構成、趣味、仕事、等を教えてください。好きなレストラン、好きな家具、またはコーヒーについてでもかまいません。1つの建物が完成するまでに長い時間がかかります。私たちは、その長い時間をお付合いしていくパートナーになります。同じ価値観を持ち、共に進んでいく設計者でありたいと考えています。


打ち合わせ後、打ち合わせ内容を図面化した基本案を作成します。初回打ち合わせは無料とさせていただきます。

打ち合わせ後、基本案作成のご依頼時に3万円をお支払いいただきます。(その後設計監理業務契約を締結していただいた場合は契約料金に含みます。)
基本案に満足して頂けたら、設計監理業務契約を締結し、契約料金として設計監理料の1/4をお支払いしていただき、基本設計に着手いたします。

ステップ2:基本設計

あなたの想いを図面化します


基本案をもとに基本設計に入ります。間取り、法規のチェック等を行います。構造設計が必要な場合は構造設計を開始します。基本設計図面を基に打ち合わせを行い、あなたの想いを図面化していきます。図面が決定されるまで、修正、打ち合わせを重ねていきます。
基本設計終了後、基本設計完了時分として設計監理料の1/4をお支払いいただき、実施設計に着手します。

ステップ3:実施設計

図面での最終調整となります


基本設計を基に仕上げ材、設備の使用等、実際の工事に使用する図面を作成していきます。
実施設計完了後、建築確認申請が必要な場合は、建築確認申請を提出します。
建築確認申請手数料は別途とさせていただきます。

実施設計終了後、設実施設計完了時分として設計監理料の1/4をお支払いいただき、工事発注、工事監理に着手いたします。

ステップ4:見積り調整

図面を基に建設するパートナーを選びます


工事業者に見積り発注を行います。競争入札または特命発注となります。見積りの精査を行い、適切な工事業者を選定します。

ステップ5:現場監理

あなたに代わって建物をチェックします


工事の進行に伴い、契約通りに工事が進んでいるのか、チェックをします。

建物上棟後、設計監理料の残金1/2をお支払いいただきます。

ステップ6:工事完了 引渡し

あなたの想いがカタチになる瞬間です


工事完了後、引渡しとなります。

建物完成後、設計監理料の残金をお支払いいただきます。

設計監理業務料金表

業務内容
設計監理業務料金
新築戸建て住宅
工事金額の10〜12パーセント
※ローコスト住宅等の場合、最低料金150万円とさせていただく場合がございます。
リフォーム・店舗等
工事金額の15パーセント〜
リフォーム物件は物件毎に条件が異なりますので基本的には、ご相談の上料金を決定させていただきます。
第3者監理業務
監理回数等により金額が異なります。ご相談ください。

※建売住宅 ハウスメーカー様との覚え書きが必要となります。

別途料金が必要なケース
※建設地が遠方になる場合、交通費をいただきます。
※2007/06/20の建築基準法改正により、建築確認申請業務料が大幅に増加しました。大変恐縮ですが、戸建て住宅の場合、建築確認申請料金として20万円のお支払いをお願いいたします。その他の建物等については実費のお支払いをお願いいたします。
※市街化調整区域内の建築等、官公庁に別途届出が必要な物件については、別途料金とさせていただく場合がございます。
構造設計が必要な場合は別途料金が必要となります。

メールはこちらをクリック

Mail.png
建物のご相談等お気軽にお問い合わせください