すべてを新しくしない/新旧が入り交じるようなリフォームを

全てを新しくしない 新旧が入り混じるようなリフォームを

工法の違いで、できる事、できない事がある

築30年前後になる木造住宅のリフォームです。
調査段階で在来木造構法以外の建て方と判断できたのですが2×4工法とは違うので頭を悩ましていました。
確認申請書が保管されていないとのことでしたが残された数枚の図面から木質パネル工法の型式認定住宅、三陽国策パルプ設計のパル住宅と判明しました。
認定工法は残念ながら大幅な間取り変更が出来ませんが、仕上げを工夫し、五感で楽しめるように計画しました。
天然素材等を積極的に取り入れ触感を楽しんだり、天然素材ならではの経年変化を楽しめる飽きのこないリフォームを提案しました。

天然素材を積極的に取り入れる

床板は山武杉の無垢板です。
杉の材質は柔らかいので触れた時に”ヒヤッ”とした嫌な感触が少なく、ほんのりと暖かさが伝わってきます。ですから裸足で歩くととても気持ちが良いです。無塗装品は夏でも足に裏にべた付きを感じません。今回はワックスのみで仕上げたのでその感触は無塗装品と変わらないと思います。材質が柔らかいので傷付きやすいのですが、その傷も経年変化として受け入れていただくのはいかがでしょうか?

洗面化粧台はメーカーのユニット式を使わずに木製カウンターに埋込式の洗面ボールを採用しました。木製カウンターは、大工さんによる造作家具です。

和室の砂壁が劣化により落ちて汚れてしまうとの事。今回はシナ合板を柱面と同面に張り仕上ました。


白太、赤、源平(白太と赤みが両方出ている)が混ざった状態で現場に届きます。 包みをバラして材料を広げて選ぶ作業は大変ですが欠かせない作業です。

床材は杉の無垢材です。
千葉の山から伐採された山武杉です。
廊下は耐久生を考え赤身中心に選びました。赤身は耐朽性高いです。 リビングは明るい色目の赤身(淡いピンク色)と白太を選びます。
脱衣洗面の床は赤身を選びました。壁はシナ合板の上クリア仕上です。適切にメンテナンスを行えば水回りでも木材を利用することができます。 洗面化粧台、壁面収納BOXは大工さんの造作です。カウンター材はタモ集成材です。 洗面器:TOTO L851CU
水 洗:GROHE シンフォニア
洗面器はシンプルで大容積、使い勝手も良かったのですが廃版になってしまいました。是非復活してもらいたい一品です。
洗面器上の照明スイッチはイギリス製のアンティークです。 ありそうで無いシンプルなタオルハンガー。粉体塗装なので耐久性は抜群です。
劣化した塗り壁がボロボロおちるのでシナ合板です。 既存の柱、長押などはそのままです。
シナ合板は寸法調整をするために目透し張りです。
ドットの畳縁は高田織物「ポルカ」。フランス語で水玉という意味です。
ユニットバスはTOTO サッシはYKKのマドリモです。
既存サッシの解体工事無しで断熱サッシに交換できます。
古い部材と新しい部材の取り合いです。 新しい部材は色合せをせずクリア仕上としてします。
改修工事中

脱衣洗面室 改修工事前

DATA

所在地:千葉県
構造:木質パネル工法(型式認定住宅 三陽国策パルプ パル住宅)
工種:リフォーム
完成:2014年
施工:三幸建設株式会社
   一部施主施工
撮影:小川 幸起
施主支給品:フローリング、幅木 山武杉無垢板 丸西建材(有)
     :タオルハンガー アイアンタオル掛